お問い合わせ

オフィス:0258-75-2152

分水店   :0256-98-5927

吉田店 :0256-92-5485

営業時間

分水店 9:30~19:00

(水曜定休日)

吉田店 9:30~19:00

(4月は定休日ありません)

アイアイメガネの提案する『まぶしさ低減レンズ』

『まぶしさ』の原因は?

紫外線(UV)が目に与える悪影響は多くの方がご存知だと思います。

最近は「青色光(ブルーライト)」

が目に入ると、眩しさや疲れを引き起こす原因になることが分かってきました。

紫外線が白内障を引き起こすことは有名ですが、青色光は目の奥、網膜に関連する様々な疾患との関連が指摘され対策

研究が進んでいます。

青色光(短波長)とは

紫外線に近い高エネルギーの可視光線(380nm~500nm)が青色光とよばれるものです。

テレビ、パソコン、スマートフォン等の電子機器やLED光源から多く発生しており、

まぶしさやチラツキの原因となっています。

『青色光』が目にはいると?

【1】網膜への影響

「青色光(ブルーライト)」はエネルギーが強く眼の奥、網膜に到達します。

青色光を網膜に多量に浴びると悪影響があると言われ、網膜の機能低下、黄斑の変性との関係を研究されています。

【2】眼の疲れ、まぶしさの原因となる

液晶TVの普及、電球の生産停止によるLED光源への移行などで私たちの周りは急速に「まぶしい光」が増えてきています。これらの光は眼精疲労の原因となり、眼の疲れ、頭痛、肩こり等を引き起こすと言われています。

【3】寝つきが悪くなる

青色光には覚醒作用があり、就寝前のパソコンや携帯電話の使用は寝付きが悪くなるという報告があります。光の刺激は体内時計に関連しており、朝日に含まれている青色光を浴びることで、体の覚醒が覚醒すると言われています。就寝前の青色光の刺激は、体内時計を混乱させ、睡眠の質に悪影響を与える可能性が心配されています。

ブルーライトカットレンズのご案内

セイコー スーパーレジスタンスBR

SEIKO Function Color (ファンクションカラー)

『Function Color』は、まぶしさの原因となる青色光を効果的にカットして、 見易さをアップします。

同時にファンクションカラーのレンズを通して見ることで、明るさに差ができ、コントラストがアップ、物がくっきり見えるようになります。

3つのシーンでおすすめ

まぶしさやちらつきを感じる生活シーンにおすすめです。

特に、ゴルフシーンではコースの起伏、ドライブシーンでは道路の陰影がくっきり見えます。パソコンシーンでは文字や図形が見易くなります。